検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

商品カテゴリー
2017年9月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律

オリーブは天然のフレッシュジュース

一般のフルーツのしぼりたてフレッシュジュースを思い浮かべて下さい。 フルーツ独特のいい香りは、実は揮発性の油分ですが、その量はほんのわずかで、ほとんどが水分です。


 

オリーブのイメージ1

 

 これに対して、オリーブ果実をしぼったジュースには油成分が多く、 そのまま静置しておくと、10~15%くらいの油が上に、残りの水分が下に分離します。 まさに天然のフレッシュジュースのオイル部分がオリーブオイル!! だから自然の恵みがそのままぎっしりと詰め込まれています。

 

 数多い植物油の中でも唯一、オリーブオイルのみが果実(フルーツ)から搾られ、 何の手も加えなくてもそのまま食用にすることができるオイルです。 大切な微量成分などはそのままで、品種や産地ごとに、独特の味、色、香りのバラエティが楽しめます。

 

 その他ほとんど全ての植物オイルは、種から搾られますが アクや不純物などを含むためそのまま食用にすることができません。 そのため精製することが必要となりますが その過程で不純物とともに微量成分や色、香りなども全て取り除かれてしまい、 特徴のないオイルになってしまいます。

 

体の内と外から!オリーブオイル!!  自然の恵みを含む肌にするために、体の内と外からオリーブオイルを 使うことで相乗効果が期待できます!!

 

オリーブのイメージ2

 

消化器官内は一般に体内だと思われがちですが、生物学的には体外です。

 

だから、体内にある体外と言えます。一方、皮膚はまさに体の表面ですから 体外であることは明らかで、つまり、体外の体外で、 両方とも体外と言う位置づけは同じです。

 

 従って、オリーブオイルを食品として食べることと、化粧品として皮膚に塗ることは、 両方とも情報を体外から取り入れて体内のために役立てていると言う意味で、 全く同じことであると言えます。

 

 さらに、腸内には共生微生物がいて、人の健康と切っても切れない働きをしていることがよく知られていますが、同様に人体で最大の器官である皮膚の表面にも、 たくさんの共生微生物が住んでいます。

両方ともどれだけ自然にある微生物により多く、活躍してもらえるような場作りができるかどうかが、美容・健康づくりに直結しています。  内と外から共生微生物を元気にし、人の体そのものを健康にするお手伝いをするものがオリーブオイルです。

ログイン
現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

  • QRコード
ログイン
test こんにちは~ホマルのブログもあるよ。 見に来て下さいね~^^
>>ホマルのブログ(これでいいのだ 生体エネルギー三昧の生活)へ
水精油は従来の蒸留芳香水とは違い、真空低温蒸留(分子蒸留)をして得 られたものです。 そのため、本来のハーブエッセンシャルオイル以上に植物のもつ性質がその 中に生かされています。 安全性は精油よりも高く、そのまま希釈せずに用いることができ、スプレー用 (エアーフレッシュナー、マウスフレッシュナー)湿布利用、スキンケア利用、 ボディローション利用など、いろいろにお使いいただけます。 スキンケアとしてはソフトローションとのブレンドをオススメします。
このページのTOPへ

問い合わせ番号

お問合せはこちらまで。  有限会社秀まる 栃木県宇都宮市一条3-1-38

 

Copyright(C) homaru.co.jp All rights reserved.